2016年1月11日月曜日

高反発マットレスの特徴と選び方

高反発マットレスは低反発マットレスに比べへたりにくいため、耐久性が高いのが特徴の一つです。また素材上通気性が良く、マットにカビやダニが発生することが軽減され、ウレタンやテンピュール素材の商品が多い低反発マットレスに比べて、洗濯が可能な素材を使用している高反発マットレスは万が一汚れても洗濯ができるのも特徴です。
高反発マットレスの機能としては、適度な硬さがあるため、寝返りをした際に背骨がまっすぐな状態で人間の理想の睡眠姿勢を保ってくれます。出産後の腰痛に悩んでいる方、今までのマットレスで腰痛が悪化した方、腰痛がひどくて夜寝るのが辛い方は一度試してみれば理想的な睡眠姿勢を確保でき腰痛改善につながるかもしれません。
高反発マットレスのコストの面ですが、低反発マットレスやそのほかのマットレスと比べると高めの価格設定となってしまう可能性が高いです。というのも逆に、家具量販店などで販売されている「安さ」だけが売りの他のマットレスと同じ価格帯高反発マットレスにむやみに飛びつくと高反発マットレス特有のよい機能特徴が少なく、高反発マットレスのメリットを感じることの出来ない「普通」のマットレスと大差がなくなってしまうので価格だけで選んでしまうのは注意が必要です。店頭で実際に店員さんに特徴をよく説明していただき、可能な限り実際にご自身の体に合うかどうか自宅で就寝するような感覚で、寝っ転がる体験も重要な選ぶ際のポイントになります。

高反発マットレスのおすすめサイトはこちら


高反発マットレスが注目されている理由

近年、睡眠の質が悪く疲れが取れないという人が増加しています。
睡眠の質を改善するために最も重要なものがマットレスです。
毎日使っているマットレスは使っているうちに潰れて、薄くなってしまいます。このようなマットレスを使い続けていると睡眠の質が悪くなり疲れが取れなくなったり、腰痛を引き起こしてしまう場合もあります。
睡眠について関心が寄せられている今、最も注目されているものが高反発マットレスです。
多くの人が使っている低反発マットレスに比べて硬いのが特徴です。
硬いと眠りにくくなるのではないかと考える人も多いですが、実際は人間が寝ている間に寝返りを打ったとしてもその体勢に合わせてマットレスが形を変えるので、安定感があり寝やすいのです。
低反発のマットレスの場合は寝ているときの体勢が歪んでしまうケースがある為、不自然な体勢で寝ることになります。
このような事を続けていうと腰痛の原因になってしまうのです。
高反発マットレスは自然な体勢で寝る事が出来るので腰痛を引き起こしにくいです。
しかし、どの高反発マットレスを使っても睡眠の質が改善されたり、腰痛を引き起こしにくくなるわけではありません。
今はたくさんの種類の高反発マットレスを開発し、販売しているのでいろいろな物を試して自分に合うものを選ばなければなりません。
自分に合ったものでなければ高反発マットレスでも睡眠の質が良くなったり、腰痛を引き起こしにくくなるわけではないので、十分注意しましょう。


高反発マットレスのご購入をお考えのみなさんへ

みなさんは、「高反発マットレス」という商品について聞いたことがありますか?「え、低反発マットレスじゃないの…?」「高反発というとなんだか固くて身体に悪そうな気がする…」というお声が聞こえてきそうですが、どうでしょうか。この記事では以外とみんなが知らない「高反発マットレス」についてご紹介していきたいと思います。
まず、高反発マットレスとは、その名のとおり、反発性の高い素材で製造されたマットレスであるため、マットレスに体重をかけても身体がぐにゃりと沈みこまずに、ちょうどいい体制のまま眠り続けることができるという利点があります。よく巷できく「低反発」マットレスは、確かに身体のかたちにあわせてマットレスが形作られるのはいいのですが、お値段の安いものを購入してしまうと、背骨や腕の骨がへんな体制のままで沈み込み、翌朝目覚めると、おかしい、体中が痛むぞ…という可能性も有り得るのです。その点、高反発マットレスならその心配は無用なので、自分にちょうどいい反発具合のマットレスを見つければ、快適に眠ることができるのです。低反発と違い、水洗いできることも人気の理由の一つです。
しかし、買いたい!と思っても、お値段はやはりそれなりに気になりますよね。高反発マットレスですと、高いものはやはり数万円、安いもので数千円の価格であることが多いです。しかし、安いものを買ってしまうと安かろう、悪かろうであることが考えられるので、実際に購入をお考えのみなさんは店頭で現物を見ることをオススメします。通販よりも現物をみて満足して購入したほうが、決して安くはない買い物なので安心であるといえるでしょう。

高反発マットレスはメリットが多数

睡眠時間は、人生の3分の1を占め、眠りの良し悪しで健康にも影響を与えると言われています。横になって眠ればいいのではなく、体に負担をかけることなく、深い眠りに導いてくれる寝具を選ぶことが重要です。
高反発マットレスは、背骨がS字カーブを描いた姿勢で寝られ、理想的な睡眠姿勢が保てます。また、睡眠中に30〜40回する寝返りもしやすいのが、高反発マットレスの特徴の一つです。沈み込んだ後一定のところでス止まり、そして元に戻るのも体に負担をかけない理由です。こうした特長をもつ高反発マットレスは、腰痛が悪化した人や、腰痛がひどくて夜寝るのが辛い人には、高反発マットレスを使ったベッドで寝るのをお勧めします。
高反発マットレスは、通気性が良く、温度で硬度に変化が生じない、反発力が高い、耐久性が高い、元の形に戻る復元力が高い、などのメリットが多数あります。また、ウレタンやテンピュール素材を使ったものが多く、洗濯することができ衛生的です。
多くのメリットをもつ高反発マットレスですが、中には効果のない名ばかりの商品も出回っていますので注意する必要があります。購入する際は、高反発マットレスの特徴すべてを持ち合わせているかを確認しましょう。また、ウレタンの密度が30以上あるか、反発力は高いか、そしてマットレスの厚みは10cm以上あるかを、選ぶときにのチェックすることが大事です。一般的なマットレスより高価ですから、価格に合った良いものを選ぶようにしましょう。



最近よく聞く高反発マットレスとは

最近、寝具の一つとして「高反発マットレス」という言葉をよく聞きます。では、高反発マットレスとはどのようなマットレスなのでしょうか。
この高反発マットレスが流行る前に、「低反発マットレス」というものが流行りました。
低反発マットレスは1970年にNASAが開発した素材です。
その名の通り、反発力が低く、上に物を乗せるとゆっくり沈みこみ、ゆっくり復元する素材です。
そのため、寝た時に柔らかく気持ちいいのですが、沈みこんだ部分がそのままになってしまい負担がかかりやすくなるのです。
この低反発マットレスに対し、反発力の高いマットレスを高反発マットレスと言います。
上に物を乗せるとゆっくり沈みこみますが、反発力が高いので一定のところで止まり、元に戻るのです。そのため、人の理想的な寝姿勢と言われる「立ったままの姿勢」で寝れると言われています。
また、沈みこみすぎるということがないので、腰など負担のかかりやすい部分をサポートすることができます。
更に、このマットレスにはメリットがあります。
高反発なため、へたりにくいので耐久性が高いという点です。
また、素材の性質上、通気性がいいです。
そして、洗濯できる素材の商品が多いため、万が一、汚してしまっても洗えます。デメリットとしては、他のマットレスと比べて価格が高めになっています。
また、最初に述べた低反発マットレスよりも硬めに感じるため、やはり身体に合わないと感じる方もいます。
ですから、もし購入を考えているのであれば一度、寝具店で感触を確かめてから購入を検討することをオススメします。